夜のオムツ外れ~完結編???~

 ○年長さんでお泊まり保育があると思っていた。

 ○周りの子たちがだいぶ夜のオムツが外れてきた。

 ○(私の)親の「夜もオムツ外れた?」っていう圧が。。。

 以上のような理由で、のんびり構えていた「夜のオムツ外れ」を開始したのが、去年の夏。実質1ヶ月あったかないかで、挫折したのが、前回のお話。(笑)

 そうそう、なかなか夜のオムツが外れない子の中には「夜尿症」である可能性の子もいるとか。

 うちの子、夜尿症かも。。。と、心配した時もありました。まぁ、それならそれで、オムツが外れない原因がはっきりするし、きちんと治療を受けたら治るのでむしろ、そっちの方が気が楽なのかも?と、思ったら、それを心配する気持ちはほぼなくなりました。

 なんだくんが水腎症で手術をしたことによって、尿意の感覚が鈍っているのでは。。。という懸念が、実は一番大きくて。その懸念が当たっていることが怖くて、夜のオムツ外れに積極的ではなかったというのが、本当の理由なんですけど、ね。(苦笑)

 勇気を振り絞って、去年の冬の定期検診でかかりつけの病院で聞いたところ、「そのような因果関係はない」との回答。「まだ5歳でしょ?小学校上がって、お泊り行事とかがあるくらいの年齢まで続いているようなら、考えた方がいいですけどね~。」と言われ、ホッとしたのと、「いやいや。小学校でのお泊り行事って、修学旅行とかでしょ?何年生?さすがに、そこまでおねしょ放置しないでしょ!(笑)」と内心笑ったあの日。

 今思えば、「小学校上がって~」の下りは、気にしすぎている私を気遣っての事かもしれませんが。(笑)冷静になって考えてみたら、先生がおっしゃったように、1歳の時に受けた手術の影響が今に残っているはずもなく、ましてや水腎症が膀胱の成長に作用するわけもないって、わかるんですけどね。(苦笑)

 何はともあれ、最大の懸念事項が取り払われたので、小学校上がる前までには、夜のオムツを止めよう!と一大決心。www

 どうも、オムツをしている安心感からなのか面倒くさいからなのか、明け方にトイレに行かず、オムツでしているような気配が見受けられる日が増えてきていたというのも、私の気持ちを後押ししました。

 で、満を持して今年の7月!さぁ!やるぞ!という気持ちをくじく長雨。。。8月は、ほぼほぼ私の実家に帰っていたので、環境が変わるとうまくいくものもいかないだろうとの判断で回避。9月に入り、お天気が安定してきた後半から開始♪

 ちなみに、今回も渋るなんだくん(笑)考えた母。ちょうどなんだくん用のオムツが切れたタイミングで「来年から小学生になるから今日からパンツで寝ようか?オムツ、もうないし!」と伝えると、少し考えた後。。。「やる。」との返事。

 その後約2週間の結果としては。。。おねしょしたりしなかったり。

 やっぱりまだ早いのかなぁ?

 と、思ったりもしたのですが、以前、夜尿症治療はどんなことをするのかというのをネットで調べたときに

 寝る前の水分量の調整

 というものがその中の1つにありました。で、よくよく考えると、寝る前にお茶を飲んでから寝るまでの時間が短い日におねしょをしている感じ。(毎日、寝る前には必ずトイレに行ってます。)

 そこで、寝る30分前には水分を取るのを止めさせ、必ず寝る直前にもおトイレに行かせました。

 それまでは、ざっくり「寝る前」におトイレに行く。。。という感じで、水分を取っていなければ、寝る10分くらい前に行っていたらOK。というスタンスでした。が、それを止め、数分前に行っていても、必ず寝る直前にもう一度おトイレに行ってから寝るようにしました。

 すると、先週。なんと!夜中に「おしっこ。」と起てトイレに行けた日が何日か!その結果。。。

 一度もおねしょなし♪♪

 6日連続でおねしょしなかったのは、初♪もちろん、これで夜のオムツが外れたと判断はできませんが、今までのことを考えたら、かなりの成長♪

 ひょっとしたら、夜尿症とかでもなく、夜のオムツ。。。ずっと取れないんじゃ。なんて心配したけど!光明が見えてきた感じです♪

 ちなみに、今回の旦那どん。おねしょしたなんだくんに対して。。。やっぱり着替えさせてた!(笑)ただ。。。前回と違うのは、なんだくんを起こすことなく、着替えさせてたこと。おかげで、なんだくんは、朝自分が着替えていることを不思議がるっていう。(笑)

 旦那どんの着替えさせる技術が向上したのか、なんだくんの眠りがさらに深くなっていたのか。。。はたまた、両方か。(笑)

 何はともあれ、今のところ、なんだくんの「夜のオムツ外れ」は順調です♪

 ではでは、楽しい日々を~♪