FIRE EMBLEM 風花雪月~感想~

 いくつかシリーズもののゲームをプレイしていますが。。。ほぼ出ているタイトルを遊んでいるファイアーエムブレムシリーズ。その最新作がこの

 風花雪月

   公式サイトへはこちらから→ファイアーエムブレム 風花雪月

 大好きなシリーズです。初めてプレイした「聖戦の系譜」以来、ずっと。

 でも、昨今の恋愛&結婚システムについて、ちょっと思うところがあったり。。。今回学園ものということで、予約はしたけれど、当時遊んでいた「モンスターハンター ワールド」や「ワールドネバーランド エルネア王国の日々」の方が魅力的だったため、「詰みゲー」が確定していました。

 おまけに、キャラクターが。。。私好みの「見た目」キャラがいなかった!orz発売までに「推しキャラ」が見つからなかったのは初めてです!

 そんなわけで、発売してもしばらく手をつけていなかったんですが。。。実家に帰省する機会があって必然的にswitchしか持って行けず、「それなら」ってことで開封!

 こなしてる作品数及び遊んでる年数「だけ」は「上級者」だけれど、「腕前」は「永遠の初心者」なので、決まって選ぶのは「ノーマル」www

 どのシリーズからだったか、ファイアーエムブレムと言えば、HP「0」=「ロスト」だったのが、ロストしない「カジュアル」モードができたのは。

 初めて遊んだ「聖戦の系譜」。親世代(特に主人公のお母さん!!)を子世代との代替わりまでに最大レベルまでに上げるために通った闘技場。。。あと1勝!ってところで負けてロストして。。。そのマップを最初からやり直し。。。なんてことを何度繰り返したことか。レベル上げのために100ターン以上クリアにかけたマップもあった気がするwww

 そんな苦い思いのある「闘技場」。替わりに「フリー戦闘マップ」が出てきてレベル上げが少しやりやすくなったのは。。。これまたどのタイトルからだったか。www

 結局はロストしたら「リセット」するんだから、最初から「カジュアル」を選べばいいのに、なぜか毎回「クラシック」選択。www

 難易度「ハード」とかに手を出す勇気が出た日には。。。「カジュアル」でやってみようかな(笑)

 「主人公」が「マイユニット」に変わって、性別も選べるようになった時は、自分がゲームの世界に入り込めるようになった気がして、すごくうれしかった記憶があります。既定の主人公でも十分楽しめていただけに、尚のことwww

 最初のプレイは基本的には自分と同じ性別の「女性」から始めます。

 個人的に。。。今回の女主人公の衣装。レースタイツ(っていうの?)がセクシーで、結構攻めてるなと、思っております(笑)

 デフォルトネームは女性が「ベレス」で男性が「ベレト」。もちろん、私は性別関係なくマイキャラ名は「ツキト」♪

 推しキャラが見つからなくて、なかなか手が伸びなかった風花雪月ですが、やり始めると、やはり面白い!しかも!

 この風景!!

 switchになったことによって、格段に画像が美しくなった!「散策」パートと「戦闘」パートと別れているのですが。この「散策」。施設内をウロウロしているだけで、数時間は楽しめます♪

 景色が!建物が!動物が!!見ていて飽きない!!

 欲を言えば。。。ズームがもうちょっと遠くまでできて、左右も広く動かせれば。。。

 さて。今回の作品。開始早々にルートが3つに分かれます。なので、私は最低3回プレイすることは確定。なぜ「最低」かというと。。。とある学級が2ルート用意されているんですね~。今回、どうも3学級が1つになってハッピーエンド。。。っていう終わりがないようなので、全ルートのエンディングを見ようと思ったら、4周することになります。

 でも。。。私は「大型無料アップデート」で3つのクラスが1つになって、大ハッピーエンドを迎える!っていうシナリオが追加されると、信じてますよ!!

 信じてるの!だから、そこのところよろしくね♪任天堂&インテリジェントシステムさん♪

 そうなったら、5周確定なんだけれども。。。

 さて、話は戻って。

 主人公は選んだ学級の「担任」になって、1年間生徒たちと一緒に与えられたクエストをこなしていきます。その選ぶ学級っていうのが。。。

 紅一点。エーデルガルドちゃんが組長(「きゅうちょう」ですよ!「くみちょう」じゃありません!www)の黒鷲学級。

 何度聞いても名前を覚えられないディミトリ率いる青獅子学級。

 ディミトリくんを覚えられない要因のクロード率いる金鹿学級。

 なぜ、クロードがディミトリの名前を覚えられない要因かって?だって。。。

 どこをどう見たってディミトリの方が「クロード」って名前じゃありません?

 つい最近までずっとディミトリのことを「クロード」、クロードのことを「油断ならないヤツ」と覚えてました。

 まぁ、この扱いからピンと来る方もいらっしゃるかと思いますが、クロードは私のタイプでは全くなく。。。なので、1番思い入れもない。というわけで、最初は金鹿から!

 と、思ってたんですけどね~。www

 エーデルガルドちゃん(「エガちゃん」なんて、呼ばないであげて!www)を導いていくことにしました♪

 ちなみに、選ばなかった学級の生徒は「スカウト」という形で引き抜くことが可能です。引き抜くためには各生徒によって条件があります。支援レベルが上がれば条件が緩くなるようですが。。。それを調べるほどやりこめていません。www(その気もないけど。wwwだから、攻略本!はよ!!)

 ストーリーとしては、1年たつと舞台は一気に5年後。成長した生徒たちと再会して。。。第2部突入です。

 その5年後に再会した生徒達の輪の中に、エーデルガルドちゃんの姿はなかったわけです。。。はい。4周すること、確定!(笑)

 正直、「学園もの」と聞いて遊ぶのを躊躇した「風花雪月」ですが、やはりそこは「ファイアーエムブレム」。

 面白い!

 まだ1周目。しかも、エンディングも観てませんが、のめりこめます!キャラクターも徐々に色々愛着が湧いてきて。。。じわじわ来ます!

 戦闘システム等に関しては。。。新しく加わった「騎士団」システムが発売前はよくわからず不安でしたが。。。低レベルキャラを強敵とぶつけて経験値を稼ぐには、いいかな~、程度の私は認識です。

 とはいえ、低レベルキャラを強敵とぶつけたターン内でその敵を倒さないと当然低レベルキャラはロストなので。。。お察しです。

 上手に戦略に組み込むやり方もあるのでしょうが、そこは「永遠の初心者」なので(笑)従来通りの戦い方をしております。それでも、問題なくクリアできる仕様ってことなのでしょう。←

 ファイアーエムブレム 風花雪月。

 買って、遊んで。後悔はないです♪不安があるとしたら。。。「ゲームくらい終わりはハッピーエンド」がいい私。今回。。。どのルートを進んでもハッピーエンドじゃなさそうなんですよね~。そこが、私の中の「ファイアーエムブレムランキング」で下位になりそうな気がします。

 まだまだ、わかりませんけどね♪

 ではでは、楽しい学園生活を~♪